ノンケ美ボディ温泉・銭湯

ノンケ美ボディが堪能できる温泉・銭湯【17】

アメリカンフットボールの聖地

アメリカンフットボールの合宿村として整備されてから25年の歴史があるアメリカンフットボール合宿の聖地である長野県飯綱町は、町の一帯がアメリカンフットボールのためのグランドや合宿する宿泊施設が多数あり、飯綱高原アメリカンフットボールキャンプセンターと総称されています。

 

アメフト筋肉部員の宝庫

特に、霊仙寺湖のほとりあたりの飯綱東高原近くには、9面ほどのグラウンドが固まっており、最盛期はすべてのグラウンドが、アメリカンフットボール部の練習や、合宿高校や合宿大学同士の練習試合で、グランドが埋め尽くされ、アメリカンフットボール部員でごった返しています。

 

 

合宿先には、筋トレのトレーニングジムも完備されている施設もあり、20名~70名くらいに大所帯で合宿に訪れているアメリカンフットボール部もあります。

 

汗臭いアメフトボディの入浴シーン

アメリカンフットボールの聖地の飯綱町にも、汗臭いアメリカンフットボール部員の汗や筋肉を綺麗にしてくれる日帰り温泉の天狗の館があります。

 

アメリカンフットボール部員の練習後にぞくぞく集まるため、アメリカンフットボール部員の下半身のそそり立つ天狗が入浴する姿を、思う存分堪能することができる温泉になっています。

 

アメフト部員は裸を隠さない

アメリカンフットボール部員は、鍛えられた体を披露するかのように、露天風呂では、露天風呂から見える外の高原に向かって、アメリカンフットボール部員らしい凛々しい体つきで仁王立ちをしていることが多いです。

 

露天風呂に浸かりながら見るアメリカンフットボール部員のケツは隆起していて石のような強さを持ったプリケツです。

サウナでタオルなしの肉体から滴る豪快な汗

サウナの中では、でかい体を横たわらせる姿もあり、ほとんどの部員がタオルを巻かずに堂々としたボディラインでひたすら暑さに耐えていて、そのようなアメリカンフットボール部員がひしめき合って裸体をさらしています。

アメリカンフットボール部員の出没

合宿は、学校によって時期が決まっており、5月頃から9月頃までが、いろんなアメリカンフットボール部の部員が入れ替わり立ち代わり訪れる最盛期です。

最盛期の期間で、部員たちの練習が終わり、夕食までの16:30-17:30がアメリカンフットボール部員の温泉タイムとなる時間で、その時間に多く現れます。

RELATED POST
ノンケ美ボディ温泉・銭湯

ノンケ美ボディが堪能できる温泉・銭湯【12】

2021年8月29日
十人十色の人生模様
東京と川崎の間を流れる多摩川の川岸には、たくさんのグランドが整備され、週末になれば野球、サッカー、クリケットなど、いろんなスポーツができる団体スポーツが盛んな場所となっています。  …