ノンケ美ボディが堪能できる温泉・銭湯

ノンケ美ボディが堪能できる温泉・銭湯【12】

東京と川崎の間を流れる多摩川の川岸には、たくさんのグランドが整備され、週末になれば野球、サッカー、クリケットなど、いろんなスポーツができる団体スポーツが盛んな場所となっています。

長い流域の多摩川の中でも、東急東横線の鉄橋がある丸子橋グランドでは、少年野球もやっていますが、アクセスの良さもあり、男子大学生もしくは男子高校生のラグビー部の練習場所として活用され、多くのラガーマンが汗をかいています。

グランドの練習では、暑い日の日中(午後が多い)には、上半身裸の男子大学生くんや男子高校生くんたちが、グランドを走り回っています。

汗をかいたラガーマンたちは、当然、練習後に汗を流すために風呂を浴びたいという願望にかられ、丸子橋グランドから近い、新丸子駅にほど近い「丸子温泉」にぞくぞくと出現し、汗で蒸れ蒸れになった、体をさっぱりとさせる姿を目撃します。

丸子温泉は、普通の銭湯ですが、銭湯の内部では、大きな体の男たちが裸のまま闊歩し、裸のままの男たちが仲間と裸体を大胆にさらしてくつろいで、まったりとしています。

どの裸も、しっかりとしたガタイ・ボディーです。先輩と後輩同士でふざけあっている姿も、ノンケ丸出しでかわいらしいです。

ほんとに鍛え上げられているのは、男子大学生です。まだ、男子高校生は、仕上がっていない体ですが、筋肉はしっかりついた、ナイス美ボディです。

8月、9月頃は日焼して真っ黒な男子大学生や男子高校生のラグビーの猛者をみますが、夏前の5月~6月にかけては、日焼けしていない、純白の美ボディを堪能することができます。

残念なことに、丸子温泉の取材をして、この記事をUPする直前の2021年7月に、丸子温泉は、コロナの影響でしょうか、長年の営業を終えられて閉店してしまいました。

汗をかいた蒸れ蒸れの男子大学生、男子高校生ラガーマンは、練習後、どこで汗をながしているのでしょうか。そんな気になる、新丸子駅近くの温泉でした。