ノンケ美ボディが堪能できる温泉・銭湯

ノンケ美ボディーが堪能できる温泉・銭湯【11】

今回は、さいたま市のスーパー銭湯を訪れてみました。

大宮駅から一つ目の土呂駅や加茂宮駅から近い、「スパH」です。

このスーパー銭湯の魅力は、埼玉県最大級のリゾート型の新感覚リゾート温泉施設ということで、平日の昼間はもちろん、休日の午後には20代中心の若い人でにぎわうスーパー銭湯です。

大きな露天風呂、洞窟風呂、フィットネス、カフェ、岩盤浴があり、カップルや若い友達同士で楽しめる空間なので若い男の子が大量に押し寄せてくる施設なのだと感じます。

そして、このスーパー銭湯銭湯の最大の魅力は、スーパー銭湯の隣にある埼玉県警の警察学校のとても若くて初々しい警察官が利用することです。非番の警察官が制服を脱いだ逞しく鍛え上げられた体を拝むことができます。

ちなみに、警察学校の男子学生は、4月~10月にかけての半年間に、警察学校内の寮で完全寮生活を行いながら、警察官としての基本を叩き込まれ、一人前の警察官となる研修です。警察官は、運動神経がよく、いい体している人が多いです。

平日は、かなりタイトなスケージュールで生活をしており、研修終了し、夕食を終えると、外へは出歩かず、寮内のお風呂を利用することが多いようで、スーパー銭湯を利用するのは、主に土日の午後になることが多いようです。

1週間の過酷な訓練や研修の疲れを癒すためか、土日の午後くらいから夕方にかけて、比較的長時間このスーパー銭湯を仲間と連れだって利用しているようです。

平日は、警察学校の学生を見る機会は、あまりありませんが、露天風呂では、警察学校での訓練の掛け声が聞こえてくるので、若き警察官の声を聴きたい人は、平日の日中に露天風呂を利用することをお勧めします。

平日の夕方には、近くにある極真空手の道場に通う、脱いだらすごい筋肉のムキムキの空手マンの入浴シーンも見られます。